エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

【初心者向け】フェンダーSQUIER(スクワイアー)エレキギターおすすめランキング

フェンダー系のエレキギターをお探しの初心者の方へ向けて書いた記事です。

初心者の方は最初から高いエレキギターは必要ありません。

先ずはお手頃な価格帯のエレキギターを1本買いましょう。

なによりも実際にエレキギターを手にして弾き始める事が大事なのです。

初心者に高いエレキギターは必要ないと言う理由はこちらの記事で書いていますのでまだ読んでいない方は先ずはそちらの記事からご覧下さい。

関連記事

「ギターでも始めてみようかな?」家で過ごす時間が多くなりギターを始める人が増えています。ギターは性別も年齢も関係なく一生楽しめる趣味のひとつです。実際にこの記事を書いているボクもギター歴が40年を超えています。少しでも初心者のお役に立てれ[…]

フェンダーの黒のストラトキャスター

この記事を書いている人はエレキギターが弾けるのか?

ろくすっぽ弾けもしないくせにエレキギターのランキング記事などを書いても信用出来ませんよね?(笑)

ボクの記事を信用してもらうためにも弾いてみました。

お題は「水曜どうでしょう」のオープニングです。

転がるようなリズムが「水曜どうでしょう」と言う番組のオープニングにぴったりな秀逸な曲です。

Netflixで繰り返し見ているうちに覚えてしまいなんとなく弾けるようになりました(笑)

アドリブと言うか適当に弾いてアレンジしています。

そしてボクが弾いている見た目がそそるカッコイイ白のテレキャスターはお値段なんと7,200円!

そしてアンプは一応BOXですが小さなおもちゃ的なアンプです(笑)

もうね。エレキギター初心者の方はこんなので十分!

お高いエレキギターなど必要ありませんよー!!

フェンダーの廉価ブランドSquier(スクワイアー)

フェンダースクワイヤーロゴ

ここではSquier(スクワイアー)に絞りご紹介していきます。

なぜならばFender(フェンダー)以外で堂々とストラスキャスターやテレキャスターと言ったFenderオリジナルのギターを作ることが出来る唯一のブランドだからです。

また1982年創設という歴史あるブランドなので品質に安定感があります。

そして低価格と言ったエレキギター初心者には正にうってつけのブランドがSquier(スクワイアー)となります。

生産国は日本から始まり本国アメリカはもちろんメキシコや中国など世界中で製造販売されて来ました。

生産国によって評価が違ったりしますが初心者の方は一切気にすることはありません。

初心者にとってエレキギターは見た目が全てです。

ここでは5万円ぐらいまでを目安にご紹介して行くのでピンと来るギターがあれば迷わず購入して下さい。

1日でも早くエレキギターを手に入れて弾き始めることが何よりも大切なのです。

初心者の方には価格面や性能面はもちろん何よりも歴史ある信頼が置けるギターブランドなので安心して購入して間違いないのがSquier(スクワイアー)と言うブランドです。

Sponsored Link

テレキャスターおすすめランキング

フェンダーのピンクのテレキャスター

先ずは無骨とも言えるそのシンプルなボディラインと操作性。

そして特徴のあるトーンで世界中のミュージシャンから愛されるテレキャスター。

ロックやパンク。カントリーなどの音楽ジャンルにはピッタリの1本です。

第1位 Squier Affinity シリーズ・テレキャスター

3万円台と言う低価格もさることながらカラーバリエーションが豊富な定番中の定番。

QUIER(スクワイアー)の中でもスタンダードなテレキャスターで正に初心者の方にぴったりな1本です。

このレベルのギターでも初心者の方には十分すぎる1本です。

エレキギターは見た目が全てです!

ついつい弾きたくなるようなお気に入りのカラーをチョイスして下さい。

価格やカラバリの豊富さなどを考慮すると個人的には一番おすすめできるテレキャスターです。

Sponsored Link

第2位 Squier Classic Vibe ’50sシリーズ

1950年代に初期に誕生したテレキャスターを手本に制作された1本です。

ネックは薄めのCシェイプとなっていて握りやすく手の小さい方は選択肢に入れてもいいかも知れません。

カラーは2色展開でテレキャスターの代表色と言ってもいい「バタースコッチ」と「ホワイトブロンド」があります。

個人的にはテレキャスターと言えばバタースコッチですね!

どちらもボディはパイン材を使用しています。

ギターはご存知のように木製なのでその木材によりサウンドが変わります。

しかし初心者の方は材による音の違いなど全く気にしなくていいです。

なにしろエレキギターは見た目が全てですから(笑)

第3位 Squier Classic Vibe ’60s Custom シリーズ

こちらは60年代のフェンダーのテレキャスターをベースに仕上げられた一本です。

5万円前後の価格となりますので最初にご紹介した「Squier Affinity シリーズ」の倍の価格です。

形は同じなのになぜこれほど価格が違うのか?

それは使われている木材やピックアップなどの価格の違いによるものです。

初心者の方は材質の違いによる音を聞き分けられる耳が育っていませんので予算を考え見た目で選んで構いません。

またこの60sシリーズにはセミホロウボディと言ったボディが空洞のモデルのテレキャスターもございますがそちらは初心者の方にはあまりおすすめ出来ません。

先ずはスタンダードな1本を手に入れてサウンドやトーンの違いが分かるようになってから手を出したほうがいいでしょう。

第4位 Classic Vibe ’70s Custom シリーズ

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが愛用することで有名なテレキャスターモデルです。

最大の特徴はリアがテレキャスター独自のシングルコイルピックアップを搭載しキレのあるサウンドを出せると共にフロントには出力の高いハムバッカーを搭載していることから伸びのあるふくよかなトーンも出すことが出来る1本です、

コントロール部分もそれぞれのピックアップ用に独立しボリュームとトーンがそれぞれついています。

このモデルのブラックは憧れている方も多くキースリーチャーズのファンなら迷わず買いでしょう。

しかし本来のテレキャスターが持つシャキシャキとした切れのあるサウンドはリアピックアップでしか出せない点は要注意です。

第5位 Classic Vibe ’70s Telecaster Deluxe シリーズ

先に紹介したテレキャスターはリアがシングルコイルピックアップでフロントがハムバッカーと言う構成でした。

しかしこちらはリア・フロントともにハムバッカーを搭載し独自のトーンを楽しめますがテレキャスター本来の音とはかけ離れてしまうため初心者が最初に選ぶ1本としてはあまりオススメ出来ません。

自分の好きなミュージシャンが使っているなどの特殊な理由がない限りは2本目3本目として購入するのが良いでしょう。

ストラトキャスターおすすめランキング

第1位 Affinity シリーズ

第2位  Classic Vibe ‘50s シリーズ

/

第3位 Classic Vibe ’60s シリーズ

第4位 Classic Vibe ’70s シリーズ

第5位 Bullet Strat with Tremolo HSS シリーズ

フェンダーSQUIER(スクワイアー)エレキギターおすすめランキングまとめ

いいかがだったでしょうか?初心者の方向けのランキングですがエレキギター中級者や上級者の方にとってもセカンドギターや改造用にぴったりなのが品質も安心なフェンダーSQUIER(スクワイアー)エレキギターです。

先ずはお気に入りの形とカラーのエレキギターを手に入れて弾き始める。

これが一番大切なことです。

値段は安いもので十分。その理由は下記の記事で書きました。

またボク自信が買った7,200円のテレキャスターを鳴らしている動画もありますので是非御覧下さい。

関連記事

「ギターでも始めてみようかな?」家で過ごす時間が多くなりギターを始める人が増えています。ギターは性別も年齢も関係なく一生楽しめる趣味のひとつです。実際にこの記事を書いているボクもギター歴が40年を超えています。少しでも初心者のお役に立てれ[…]

フェンダーの黒のストラトキャスター
Sponsored Link
フェンダーストラトキャスターサンバースト
最新情報をチェックしよう!