エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置は日本でインド渡航準備中!!

モン族スカートはチェンマイのモン族市場で直接仕入れ!

見事な刺繍で知られるタイの少数山岳民族であるモン族。

その刺繍生地はエスニックファッションのファンならずともとても魅力です。

ガネーシャではモン族グッズの本場チェンマイのモン族市場で直接モン族スカートを仕入れています。

本物だけが持つ素晴らしいモン族の刺繍スカートを御覧下さい。

代々受け継がれるモン族の刺繍

モン族の刺繍古布

モン族スカートの刺繍生地は元々モン族の女性が自分を着飾るために母親や祖母に手ほどきを受けながら長い月日を掛けて刺繍されたものです。

ここで大切なポイントは「誰かのため」でもなく「お金のため」でもなく「自分のため」に紡ぎ出した刺繍だと言うところです。

自分を着飾るために刺繍されたスカートが美しくきれいなのは当たり前のことなのです。

モン族の女性は6歳ぐらいから母親や祖母から刺繍を習い始め13歳〜14歳程で一人前になると言われています。

それだけの長い年月を掛けて受け継がれた刺繍生地が美しくない訳がありません。

そして15歳〜16歳の年頃になると刺繍を施したスカートや伝統衣装を身に着け村の祭りに参加します。

「美しい刺繍を施す女性は良き妻になる」

モン族の間ではその様な考え方があり美しい刺繍生地の衣装を身に着けた女性はたちまち人気者となります。

モン族の刺繍が魅力的で美しい理由がお分かりいただけましたでしょうか?

モン族刺繍スカートの本場はチェンマイのモン族市場

モン族市場のスカート屋

もしご自分で直接モン族の刺繍スカートを購入したい場合は本場チェンマイのモン族市場を訪ねてみることをおすすめします。

旧市街から直ぐのワロロットマーケットの一角にモン族市場があり実際にモン族の人達が自分の手で縫製したモン族刺繍スカートを購入することが出来ます。

モン族市場に店を構える人達は英語がほとんど通じませんので簡単なタイ語の数字を覚えていくといいでしょう。

例えタイ語が全く話せなくとも心配はいりません。

そこは「売りたい側」と「買いたい側」

電卓ひとつでも何とかなりますが「モン族の人から直接モン族の刺繍スカートを買う」と言うめったに無い機会です。

少しでもコミュニケーションをとって旅の良い思い出にするのが良いでしょう。

Sponsored Link

モン族の刺繍スカートの種類

古いモン族雌雄スカート

モン族はいくつかの支族に別れその特徴は刺繍に現れます。

刺繍生地の種類で大きく分けると次の4つ。

・中国チベット系モン族
・ベトナム系モン族
・ラオス系モン族
・タイ系モン族


モン族刺繍スカートとして数が出回っているのはベトナム系モン族の刺繍生地。

価格もこなれていてお求めやすいモン族刺繍スカートで日本のエスニック雑貨店が扱うのはほとんどがベトナム系モン族の刺繍スカートと言って良いでしょう。

そして希少なのはタイ系のモン族刺繍生地を使ったスカートです。

年々生地の価格が高騰しており上記画像のタイ系モン族刺繍スカートは非売品。

お店のオーナーから直接お話を伺うことが出来たのですが40年〜50年近い古布でこのコンディションだともう値段は付けられないとのことでした。

モン族スカートのコーディネイト

モン族村ドイプイのモン族衣装を着たモン族の女の子

モン族スカートはその美しい刺繍からコーデの主役にピッタリです。

春夏であればシンプルなカットソーやTシャツ。

秋冬であれば無地のロンTやニットなど合わせ大ぶりのネックレスやバッグで差し色的にアクセントを付けるのがモン族すジャートをスッキリ着こなすポイントです。

スカートに合わせてトップスもモン族の刺繍生地の洋服となると途端にコーディネートが難しくなります。

モン族スカートは脇役ではなくコーデの主役に!

そしてモン族スカートの美しさを際立たせるシンプルなコーデにまとめ小物で個性を出す。

そうした大人の女性のコーディネートとも言うべきポイントを押さえればどなたでも簡単にモン族の美しい刺繍スカートを楽しむことが出来ます。

Sponsored Link

モン族刺繍スカートを買うならガネーシャで

モン族刺繍ロングスカート
商品ページはこちら>>>

これを書いているボクはエスニック雑貨バイヤーとしてバンコクとチェンマイの2拠点生活を送っています。

そして現在位置はチェンマイです。

モン族市場から徒歩圏内のコンドミニアムを借りて日々お店のモン族の人達と交流を図っています。

モン族刺繍スカートの購入に当たり自信を持って当店をおすすめ出来るのはその様な背景があるからです。

現在この様にモン族市場そばに居るバイヤーは日本人でボク一人だけなのです。

モン族刺繍スカートの本場であるモン族市場でボクが手にしたスカート数百枚を楽に超えます。

恐らくぞれだけの数のモン族スカートに触れた日本人バイヤーはそう居ないはず。

沢山の刺繍生地を見て沢山のモン族刺繍スカートに触れて来たエスニック雑貨バイヤーだからこそ分かるその刺繍が持つ価値。

そんなボクが1枚ずつ厳選したモン族スカートですから安心してお買い求め下さい。

モン族の刺繍生地を身につけるということ

モン族刺繍ジャケット
商品ページはこちら>>>

モン族の刺繍グッズはスカート以外にもサルエルパンツジャケット。

そしてバッグ財布ネックレスと言った服飾小物まで多岐にわたります。

モン族刺繍の歴史は前述した通りです。

つまりモン族の刺繍スカートだけではなくモン族の刺繍を身につけると言うことは少数山岳民族の伝統を身につけると言うことにもなります。

当店で販売しているモン族刺繍スカートはもちろん全てのモン族グッズはボクが現地でひとつひとつ厳選して選んだものばかりです。

是非本物のモン族刺繍がもつ魅力を手にとって感じて下さい。

その他のモン族アイテムはこちら>>>

関連記事

エスニックファッションで一番悩むのが足元。夏場はエスニックなサンダルが豊富に出回りますがそれ以外の秋口や冬場。そして春先から初夏にかけて中々エスニックファッションに合う靴が見つかりません。ガネーシャではそんなお悩みを解決しようと軽[…]

モン族ブーツ
Sponsored Link
カラフルなモン族刺繍スカート
最新情報をチェックしよう!