エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

リキシャマン/インド 一枚の写真

リキシャマン

「リキシャマン」または「リキシャワーラー」と呼ばれる彼ら。

インドの仕入れで一番利用する乗り物がリキシャだ。

ちょこまかと走り回るオートリキシャと昔ながらの3輪自転車のリキシャ。

インドの仕入れ旅の最中はどこの街に行っても実に良く利用する。

その度にインド人と運賃交渉をするのは骨が折れるが乗る前に地元の人に相場を聞いておけばぼったくられる心配もない。

交渉がまとまりお互い納得してリキシャに乗り込む。

そうしていつもより高い視点からインドの街を眺められるのはリキシャの座席に腰掛けた時の特権でもある。

いつもよりほんの数十センチ視点が高くなる。

それだけで見え方がガラリと変わる。

インドの街や通り過ぎる人を眺めインドの風を全身で浴びる。

目を落とせば粗末な洋服をまとったリキシャマンの背中。

どこからそんな力が出るのかと思うほど力強くペダルを漕ぎ出す瞬間がボクには魅力的に見える。

一枚の写真

インドのリキシャマン

弓の様に身体をしならせてグイッとペダルに力を込める。

痩せた老人の背中からは過酷な日々の生活が落とす影が見えた。

もうもうと舞うホコリと排気ガスの中を。

ガタボコの道路を縫う様に時には大声を上げ通行人と怒鳴りあいながらノロノロとリキシャは進む。

距離にして約3キロ。

40分の道のりを走り抜け宿の前に着く頃にはリキシャワーラーの額に汗が滲む。

たった20ルピー(約35円)わずかな金を稼ぎ糊口をしのぐ為に彼らはこうして汗を流す。

何のために。

なにが楽しみで生きているのか?

そんな問いはインドでは愚問だ。

関連記事

1枚の写真で語る奇妙な運命のオトコのストーリー初めてインドに足を踏み入れた時の印象は強烈だった。空港から一歩外に出た途端にインドに飲み込まれる。そのカオスとも言って良い街の雰囲気と人々が放つパワーに圧倒されながらボクは手も足も出な[…]

Sponsored Link
インドのリキシャマン
最新情報をチェックしよう!