エスニック雑貨屋の仕入れ旅!アジアを股にかける店主親方の面白日記!現在バンコクにて帰国難民中(TдT)

チェンマイ仕入れ代行とエスニックファッション卸売について

この記事はエスニックファッションやエスニック雑貨を取り扱うエスニック雑貨店の経営者の方向けに書かれたものです。

現在エスニック雑貨店の重要な仕入先であるタイは一般の外国人が入国するのが難しい状況が続いています。

また今後もコロナウィルスの影響によりタイ入国が難しい状況が長引くことも十分予想されます。

仕入れでお困りのエスニックファッションやエスニック雑貨を扱うエスニック雑貨店の方でチェンマイでの「仕入れ代行」をお探しの方はご一読下さい。

  • こんな方へ向けて書かれた記事です。
    ・エスニック雑貨店を経営しており仕入先に困っている。
    ・チェンマイでの仕入れ代行業者を探している。
    ・リモートで自分の目で見た商品を仕入れたい。

この記事を書いている人はどんな人?

ネパールのガネーシャルームシューズを作ってくれている皆さん

創業1997年のエスニック雑貨店ガネーシャ代表の松田と申します。

エスニックファッションをメインにインド・ネパール・タイ(チェンマイ)などのアジア各国に出向き直接商品を仕入れています。

楽天市場店を始めとするショッピングモールが主な販売ルートです。

アジアンエスニック ガネーシャ 楽天市場店はこちら>>>

現在はタイに滞在しておりバンコクとチェンマイを行き来する生活を送っています。

チェンマイの住まいはモン族市場があるワロロット市場から徒歩圏内なので特にモン族市場での仕入れ代行を探しているエスニック雑貨店の方にはきめ細やかな対応が可能です。

またチェンマイのモン族市場だけでは無くバンコクのチャトチャックマーケットを始めプラトゥナーム市場やボーべー市場と言ったタイの主要な市場での仕入れ代行が可能です。

関連記事

ガネーシャと言えば幸運をもたらすヒンドゥー教の神様として本場インドではもちろん日本でもとても人気のある神様です。その名前の由来は「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味します。インドでは物事を始める際には一番最初に手を合わせる神様と[…]

チャンマイのモン族市場での仕入れ代行手数料など

チェンマイのモン族市場入口

仕入れ代行の手数料は買い付け商品代金の15%です。

例えば100バーツ(約350円)の商品に対しての仕入れ代行手数料は15バーツ(約53円)いただきます。

海外国際宅急便の送料や輸入関税などはお客様負担です。

送料に関しましてはチェンマイからの海外国際宅急便の価格は100キロ以下の小口貨物の場合1キロ当たり180バーツ(約630円)バンコクからは160バーツ(約560円)程度です。

100キロを超える貨物の場合は更に送料が下がりますがお届け先により変動します。

現在のお客様は現地よりビデオ通話にて実際の商品を見てもらい仕入れ代行をさせていただいておりますので「自分の目で見て仕入れをしたい」と言う方には特にオススメいたします。

日本で販売している商品につきましても卸売対応が可能です。エスニックファッション関係はもちろん累計販売足数が30万足を超えるガネーシャ・サボサンダルガネーシャ・ルームシューズなどのエスニック雑貨が人気です。

そちらも併せてご希望の方は別途ご案内させていただきますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

Sponsored Link

現在のタイ国内の市場について

タイのチャトチャックマーケット

現在タイではロックダウンが幾分緩和されチャトチャックマーケットなどがオープンしておりますが殆どの店舗がシャッターを閉めている状態です。

上記のことから商材により仕入れが困難な場合もございますのでご了承下さい。

現在バンコクに滞在していることからモン族市場周辺の状況につきましては詳細をお伝えすることが出来ません。

間もなくチェンマイに移動予定となり現地の状況を視察の上改めて記事をアップデートいたします。

10月5日にバンコクのチャトチャックマーケット視察の際の様子を別の記事で書きました。下段「関連記事」より参考下さい。

関連記事

10月に入りバンコクの厳しいロックダウンが緩和されました。エスニック雑貨屋の仕事場である市場が一斉に開いたとの情報を得て早速アジア最大の市場チャトチャック・ウィークエンド・マーケットに様子を見に行って来ました。日本中は愚か世界中のエ[…]

Sponsored Link
モン族市場のスカート屋
最新情報をチェックしよう!