エスニック雑貨屋の仕入れ旅!アジアを股にかける店主親方の面白日記!現在バンコクにて帰国難民中(TдT)

エスニックファッション「ガネーシャ」ってどんなお店?

ピンクのガネーシャ像

ガネーシャと言えば幸運をもたらすヒンドゥー教の神様として本場インドではもちろん日本でもとても人気のある神様です。

その名前の由来は「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味します。

インドでは物事を始める際には一番最初に手を合わせる神様としても有名で商売繁盛に置いても欠かせない神様です。

ヒンドゥーの神様の名前にあやかりエスニック雑貨店の名にふさわしいと考え店名にしました。

エスニックファッション「ガネーシャ」の歴史

創業は1997年4月2日。宮城県塩釜市にある築40年7坪程の物件。家賃は3万円の小さなお店からスタート。

当時はエスニックファッションを扱うお店自体が少なかったこともあり人口6万人の小さな港町でしたが近隣の仙台市などからも客足が途絶えず繁盛していました。

突然の悲劇「店舗火災」

もらい火による店舗火災

2002年。業績も好調なことから隣の店舗も借りて壁をぶち抜き売り場面積を拡張して2ヶ月目の悲劇でした。

2件隣のお店から出火。延焼により当店もご覧の通り。

惜しむべきは売り場の床面積が変わったことから火災保険を掛け直さなければならなかったのを失念。

400万円の改装費と数百万円分の在庫が全て灰となり無保険で保証されず仕舞い。

Sponsored Link

さらなる悲劇「泥棒」

未遂に終わった店舗泥棒が壁に開けた穴

店舗火災で全てを失ってから数年。またしても雑草のように2店舗目3店舗目と開店を果たし軌道に乗ったかのように見えた数年後。

今度は泥棒です。

この店舗はシルバーアクセサリーとレザー専門店だったため高額な商品が多く窃盗団に目をつけられたのでしょう。

店舗脇の壁に大胆に穴を開けて侵入を試みるも丁度そこには重たいショーケースがあり断念。幸いなことに未遂で終わりました。

ココロが折れた「東日本大震災」

店舗を襲った東日本大震災

2011年。さらなる悲劇が襲います。

東日本大震災です。

店舗は床上浸水で水を被り殆どの商品がダメになってしまいました。

もう店舗の営業をどうするとかそう言うレベルではなく生きることに必死だったのを覚えています。

ボクらも当時は津波に追われ子供を抱いて山の上の神社に駆け上がり九死に一生を得ました。

雪の降る寒い夜。小さなお社でガタガタと歯を鳴らして一晩を過ごし次の日に見た光景は一生忘れられないでしょう。

この震災を機に実店舗をお休みしwebショップへと舵を切りました。

宮城県の沿岸部ではお客さんがエスニック雑貨店へ足を運ぶような状態ではなかったのです。

Sponsored Link

webショップ「ガネーシャ」の奇跡

もうダメかも。

そんな雰囲気が東北にはありました。しかし日本中が震災被害を受けた東北沿岸部に目を向けてくれていました。

それに気づいたのは震災後初めて打った楽天市場の1本の広告です。

広告が流れると次から次へと注文が入りだしました。50件。100件。200件と時間を追うごとにご注文が増えて行きます。

その注文数が500件を超える頃には涙で画面が滲んでいました。

苦しかったです。商売をたたもうかとも考えていました。そんな時に日本中の皆さんに助けていただいたのです。

止まらないご注文。添えてある「頑張って!」「応援してるよ!」の一言。

当たり前のことですが「画面の向こうには人が居る」のです。

webショップという顔の見えない商売でも人の温度がありがたい程に伝わってきました。

ガネーシャと忌野清志郎を祀る事務所の神棚

エスニックショップガネーシャの神棚

震災後業績が急激に伸び始めました。

そのきっかけになったのは楽天市場の一本の広告と当店の看板商品である「ガネーシャ・サボサンダル」です。

当店の事務所には火事の時に奇跡のように瓦礫の中に立ち燃え残ったガネーシャ像と沢山のガネーシャ様が祀られています。

そしてボクが尊敬してやまない多大なる影響を受けたミュージシャン「忌野清志郎」さんの遺影。彼と出会わなければこの仕事をすることもなかったでしょう。

始業時には毎朝神棚の塩を撒きお供え物を変えてスタッフ全員で手を合わせます。

画像中央に立って居るのがずっと当店を見守って来てくれた火事で唯一残ったガネーシャ様です。

苦しい時の方がずっと多かったと思いますがつまずいても転んでも火事になっても津波を被ってもこのガネーシャ様がいたから商売を続けこれたのかも知れません。

「恩を送る商売」ガネーシャのこれから

ガネーシャルームシューズを作るネパールの皆さん

震災後当店は法人成りをしました。個人の店から株式会社へと成長させていただきました。

ピンチになる度に支えて頂いたお客さんのお陰です。ボクらには感謝しても仕切れない想いがあります。

この時の想いが会社を設立する際の企業理念になりました。

アジアの名も知らぬ村で作られるハンドクラフト。アジアの貧しい農村部には現金収入を得るための術がありません。

ボクらエスニック雑貨屋が仕事を作り適正な賃金を支払うことで人々の生活が安定します。

「仕事を作ってくれることが何より嬉しい」

アジアの人達からそう言われる度に背筋が伸びる思いです。

ここで大切なのは中間搾取を無くすこと。だからボクらは「現場」に拘ります。

コツコツと手を動かしているその人の手に直接賃金を支払うことが大切だと考えています。

そしてそんな商品をお買い上げいただいたお客様が実際に商品を手にして喜んでいただいているご様子は顔が見えずとも日々お寄せいただくレビューで拝見しております。

生産から販売。そしてお買い上げいただくお客様まで。当店に関わる人が一人でも多く笑顔になりますように。

アジアと日本の笑顔の循環。

それを「スマイルトレード」と名付け当店の企業理念としております。

どうぞwebショップ「ガネーシャ」をよろしくお願いいたします。

アジアン エスニック ガネーシャ 楽天市場店はこちら>>>
関連記事

この記事はエスニックファッションやエスニック雑貨を取り扱うエスニック雑貨店の経営者の方向けに書かれたものです。現在エスニック雑貨店の重要な仕入先であるタイは一般の外国人が入国するのが難しい状況が続いています。また今後もコロナウィルスの影響[…]

モン族市場のスカート屋
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!