エスニック雑貨屋の仕入れ旅!アジアを股にかける店主親方の面白日記!現在バンコクにて帰国難民中(TдT)

エスニック雑貨バイヤーがおすすめするバンコクの市場5選

バンコク旅行の楽しみのひとつにショッピングがあります。

水上マーケットや有名なナイトマーケットなど沢山の市場がありますが価格はそれなり。

プロのバイヤーは観光地の市場には出入りしません。


この記事ではエスニック雑貨バイヤーが仕入れで使うバンコク市内の市場5ヶ所をご紹介します。

バンコク旅行でのショッピングの参考にどうぞ!


これからバンコクで仕入れを考えているエスニックバイヤーの方も参考にして下さいね。

それじゃいってみよっ!!ヽ( ・∀・)ノ┌┛

チャトチャック・ウィークエンド・マーケット

チャトチャックマーケット

言わずと知れたアジア最大のマーケットです。

シャッター1枚〜2枚分程の小さなお店が2万店とも3万店とも言われる市場でタイは元より近隣のアジア各国を始めインドやネパールにバリ島まで!

ありとあらゆる洋服や雑貨が売られています。

チャトチャックマーケット

こちらはエスニックファッションを扱うネパールの人気ブランド「ミッタラ」です。

コロナ渦の現在でもお店を開けています。

チャトチャック・ウィークエンド・マーケットの場所と行き方

MRT「カムペーンペット駅」及びBTS「モーチット駅」が最寄り駅となります。

カオサン通りからタクシーで向かう場合。

所要時間20分から30分で料金は80〜100バーツ程度です。

市内を走る路線バスでも行けますがバンコクのローカルバスは難易度が少々高め。

バスで移動する際はこちらのアプリが超便利!

現在位置と行き先を入力するだけ!!

ひと目で何番のバスに乗れば良いのかが分かります。

ViaBus - Transit Tracking & Navigation

ViaBus – Transit Tracking & Navigation

Intouch Marsvongpragorn無料posted withアプリーチ

バンコク市内のバス移動に挑戦したいと考えている方は必須のアプリです。

ボクもバスに乗る際はこのアプリでバスの番号を確認しています。

分からないことは地元に人に聞くのが旅の基本。

しかしバスを待っているタイ人に行き先を告げて聞いたところで彼らは自分の乗るバスの番号しか知らなかったりします(笑)

Sponsored Link

プラトゥナーム市場

プラトゥナーム市場バイヨーク2

エスニックファッションだけではなくカジュアルな洋服からバンドTシャツまで。

その品揃えは幅広く様々な国のバイヤーが行き交います。

ランドマークとなるのはバイヨークビルディング。

1と2がありますがエスニックファッション関係のバイヤーが出入りするのは主にバイヨーク2です。

プラトゥナーム市場アフリカンバティック屋

日本でも人気のアフリカンバティック屋。

こちらもバイヨーク2の1階に店を構えています。

ボーべー市場

ボーべーマーケット

ボーべー市場はカオサン通りからタクシーで10分程。60〜70バーツと近いです。

外国人観光客のルートからは外れているので穴場的な市場。

地元の商売人が仕入れに使う市場なので値段は安いです。

地元の商売人だけではなくもちろん海外のバイヤーも仕入れに訪れます。

ランドマークとなるのは「ボーべータワー」

沢山のお店が並びエスニックだけではなく大人からキッズ・ベビー服まで様々な洋服屋がありタクシーに乗り「ボーべータワー」と告げればこの市場に着きます。

ボーべータワー内のTシャツ屋ですが値段に注目して下さい。

Lサイズで70バーツ(約240円)です。

ローカルのタイ人が仕入れに来るだけあって値段もローカルプライス。

ここで仕入れたTシャツが例えばカオサンロードの露天などで2倍〜3倍程の値段で売られていたりします。

ロータスデザイン

日本のエスニックショップでよく売られている

ロータスの抜染プリントを扱う「トミー・アイスブルー」の本店もボーべータワーにあります。

Sponsored Link

チャイナタウン・ヤワラー・サンペンレーン

バンコクの中華街ヤワラー

ヤワラーと呼ばれる中華街はきらびやかな金行が並び中華料理の有名店も点在します。

ショッピングだけではなくバンコクで本格的な中華料理を楽しめるのは中華街のヤワラーだけ。

サンペン市場と呼ばれる一体には中国の食材や雑貨やアクセサリーとめまいがする程の物量が積まれていて圧倒されるほど。

チャイナタウンの中にあるサンペン市場がバイヤーが入る市場でいつ行ってもローカルのタイ人で賑わい大変活気があります。

こちらは中国製の雑貨やアクセサリーが豊富に揃うのでばらまきのお土産などをまとめて購入するにはもってこいの市場です。

チャトチャックマーケット同様狭い通路に人が溢れているので

スリや置き引き等持ち物には十分注意をして下さい。

チャイナタウンのサンペン市場

画像はブレスレットやアンクレットが豊富に揃う店です。

こんな感じのお店が沢山あります。

バンコクのインド人街パフラット(リトル・インディア)

バンコクのインド人街インディアエンポリアム

別名「リトル・インディア」と呼ばれるインド人街です。

中華街にあるサンペン市場の北側に位置し徒歩で移動が可能です。

パフラットのランドマークは上記画像のインディアエンポリアム。

インドの生地や雑貨を扱うお店が入っています。

リトルインディアと呼ばれるパフラット

ガネーシャなどの神様系の雑貨を扱うお店です。

もちろんボスはインド系のタイ人でインド訛りの英語を話します。

リトルインディアと呼ばれるパフラット

タイのアクセとは派手さやきらびやかさが違うインドのアクセサリーは魅力です。

この手のアクセサリーはチャトチャックマーケットでも見かけることがありますがやはりリトルインディアと呼ばれるここパフラットの方が種類が多く選びやすいです。

インド人街パフラットの雑貨屋

インディアエンポリアムの回りにも大小様々なインドの生地や雑貨を扱うお店が並びバンコクにいて手軽にインドの雰囲気が楽しめます。

ヒンドゥー語が乱れ飛びインド独特のスパイスの匂いが漂います。

中華街のサンペン市場から徒歩圏内なので併せて楽しみたいスポットなので是非訪れてみて下さい。

関連記事

2021年11月に入りタイは隔離免除で観光客の受け入れを始めました。対象になるのは日本を含む46の国です。ワクチン接種済みが条件となるのは言うまでもありません。タイ入国に関する詳細につきましては在タイ日本大使館のHPよりご確認下さ[…]


関連記事

2021年11月に入りタイは隔離なしでの観光客の受け入れを開始しました。もちろんコロナワクチンの摂取が条件ですがタイを訪れるハードルは一気に下がりました。既にタイ旅行を計画中の方もいるかと思い世界中からバックパッカーが集まるカオサン通りの[…]

カオサン通りの夜

関連記事

10月に入りバンコクの厳しいロックダウンが緩和されました。エスニック雑貨屋の仕事場である市場が一斉に開いたとの情報を得て早速アジア最大の市場チャトチャック・ウィークエンド・マーケットに様子を見に行って来ました。日本中は愚か世界中のエ[…]

Sponsored Link
チャイナタウンのサンペン市場
最新情報をチェックしよう!