エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

インドのプシュカルで仕入れるエスニック雑貨屋はボク一人

プシュカルでエスニック雑貨の仕入れ

砂漠の町プシュカル仕入れ

砂漠の街プシュカル。ここはインドにいくつかあるヒンドゥー教の聖地のひとつです。

後200キロ程西へ向かうとパキスタンへの国境に手が届きます。

この街を行き交うインド人は「ホーリープレイス」と事あるごとに自慢げに口にします。

聖地プシュカルには酒がありません。宗教上の理由からだと思いますが元々インドは酒に関して寛容な国ではないので呑兵衛は意外と苦労します。

それでも探してみればあるもので地回りの警察にカネを握らせてこっそり飲める店が数件。

日本のようにお気軽に冷えたビールにありつける訳ではございませんのでご注意下さい。

ハパーを吸う方が簡単なんです。ホントに(笑)

昼飯を食っていると隣のイスラエリーがさもそうする事が当たり前の様にマリ○ァナの葉を器用に巻いてたりします。

そして肉も魚もありません。それどころか卵もダメ。リアルなベジタリアンの暮らし。そこまで禁じられると途端に食生活が貧しくなりんす。

想像してみて下さい。肉と魚と玉子の無い食生活(泣)

野菜のカレーでも食っていればまぁまぁ凌げるとかもしれませんが一度倒れてインドで入院した時に病院食でカレーを出されてから一切身体が受け付けなくなりました。

日本のバーモントカレー甘口も無理。見事なトラウマです(泣)

インドで喜んでカレー食ってる様なバイヤーはまだまだ初心者←当社比(笑)

隠れて肉を食いながら冷えたビールを飲める店もありますが怪しさ満点なので普通の旅行者は腰が引けるかも知れません。

インドのプシュカルは「お買い物天国」

プシュカルのカラフルなバッグ

なぜそんな西の果てと言っても良いような街まで足を伸ばすのか?

ここプシュカルは世界中を旅するバックパッカー達から「お買い物天国」と呼ばれています。

ヨーロッパからのバイヤーが沢山入っているので洋服のデザインも洒落ているのです。

「生地はインド。デザインはヨーロッパ。サイコーだろ?」

プシュカルの商売人達は自慢げにそう胸を張ります。

実際こんな店が何故ここに?と首を傾げたくなるような洒落たお店もあったりするんですよ!

プシュカルのお洒落な洋服屋

やっぱりね。変わり者の雑貨屋としては日本に入って来ていない物や他店に無い物を見つけに行きたい訳ですよ。ワクワクするじゃないですか。

バンコク辺りで定番のタイダイ物を仕入れていた方が数百倍も楽なのですがそんなお店ばっかりじゃツマらない。と言うかボクが仕事としてツマらないです(笑)

「人と同じはイヤ」これがお店の原点でもあるし。

先ずはバンコクからデリーに飛行機で入りそこから西を向いて陸路を走りプシュカルでは2週間ほどの仕入れ旅を予定しています。気が向けばもう少し伸びるかな?

プシュカルのバー

この店が肉を喰らいながら冷えたビールが飲めるプシュカルのバー。

入り口を開けると誰も座っていないテーブルと椅子が数組。この空間はダミーです。

鋭い眼光の店員に睨まれながらも構わずトイレの横を抜け奥へズイズイと歩を進めると肉を喰らい酒が飲める天国への扉が待っています(笑)

関連記事

インドでの仕入れで欠かせない街プシュカルエスニック雑貨屋の仕入れにインドは避けて通れない国です。ラジャスタン地方にあるプシュカルはヒンドゥー教の聖地でもありバックパッカーの間からは「お買い物天国」と呼ばれている街でもあります。[…]

関連記事

酒乱の雑貨屋大ピンチ!最初に言っときますが酒乱じゃないです(多分)そして「インドのプシュカルは酒が飲めない!?」結論から書きますと「プシュカルは酒が飲めないけど飲めます」結局どっちやねん!って話なんですが。アナタ次第です。まぁまぁ[…]

関連記事

こんにちは親方@バンコックです!旅人の憧れ」と言っても過言ではないインド。いつかはその大地に降り立ち旅をしてみたい!そんな方のために5つの注意点をまとめてみました。インドの旅行はハードルが少し高めです。アジアの中では決して治安の良[…]

インドの日常風景
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!