エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置は日本でインド渡航準備中!!

エスニック雑貨屋仕入れの出会いはモン族市場の路上にあり

チェンマイのモン族市場の路上で運命の出会い

チェンマイのワロロット市場

画像はタイ北部チェンマイのワロロット市場です。

バンコクの市場とは違いゆったりとした空気感が心地の良い市場です。

それほど大きくもなくエスニック雑貨屋の仕入れのメインでもあるモン族市場がこのワロロット市場にあります。

雑貨屋の仕入れなどと言うとどこか工場を探して商品をオーダーしたり市場を歩き回り良さげなお店を見つけたりと言うのはどなたでも想像出来るかと思います。

こうして文章で書くとあっけなく簡単なようにも感じますが画像のお天道様を見て下さい。

午前中からヤル気満々ですからまぁまぁ市場歩きも堪えます。

彼がモン族ジャケットのデザイナーだった!?

そんな中モン族市場付近でちょっとカッコいいジャケットを来ているオトコを発見!

「ぉー!良いジャケット着てるやーん!!どこで買ったのよ?」

知らない人でも良いんです。タイのことはタイ人に聞くのがイチバンですから(笑)

「ぇ?コレ?このモン族ジャケットはボクが作ってるんです」←

ほら!ビンゴでしょ?(笑)

サクッとラインを交換して後日工場へ行く運びに。

ワロロット市場で派手なジャケットを着た男
Sponsored Link

バイヤーは路上でナンパが普通です

ボクは街を歩いていても市場を歩いていてもちょっと良いなと思う服を着ていたりバッグを持っていたりすると直ぐに声をかけます。

それが今回みたいな坊主アタマのオトコであってもカワイイ女の子であっても←

どこに何が転がっているのか分かりませんからね。

「たまたまデザイナーだった」

「たまたま親が工場を持っていた」

「たまたまそう言う知り合いがいた」

そんな話は長い雑貨屋家業の中で沢山ありんす。

普通にすれ違いざまに呼び止めたり遠くから走って追いかけたり。

ちょっとおかしい人に思われるようで特に「若くてカワイイ娘」は一瞬顔を強張らせたりするので止められません(ぉぃ

今回も偶然の路上での出会い。

一瞬でも腰が引けたり迷ったりしたら声をかけるタイミングを失います。

何事もタイミングってすごく大事!

派手なジャケットを着た男とボク

交換したLINEにお互い忘れない様に2ショットの写真を送って置くのもお約束ですな。

折角つかんだ運命の赤い糸。

いつ切れるとも分からない見えないほどの細い糸。

大事に大事に手繰り寄せられるかどうかはボクのバイヤーとしての腕次第といったところでしょうか?

モン族市場の路上での出会いその後

この後どうなったのかって?

工場へ足を運んだ時の話は別に書くとしてちゃんと商品化出来てますよ!

しかもこのモン族パッチワークジャケットがエスニックファッション好きの方からは大好評!!

モン族パッチワークジャケット
モン族パッチワークジャケットはこちら>>>

何度かやり取りをしている内にモン族の生地から選んだ上位互換のどこにも無いオリジナルの一点物。

モン族刺繍古布を贅沢に使ったジャケットも出来上がりました。

モン族刺繍ジャケット
モン族刺繍古布ジャケットはこちら>>>

200枚ものモン族刺繍古布の中から特にコンディションの良い物を選び彼の工場で縫製してもらいました。

どうですかこれ?モン族好きの皆さん!?

これだから路上の声がけが止められません(笑)

関連記事

モン族市場の路上で出会ったオトコの工場訪問あけおめことよろ!「モン族市場路上の出会い」からわずか一週間!オーダーしたジャケットが出来上がったと言うので受け取りがてら工場に行ってみました。チェンマイ市内から70キロの田舎も田[…]


関連記事

エスニックファッションに合うレディースの靴は一般のお店では中々手に入りません。肝心の足元をキメるブーツと言った特殊な靴になると尚のこと。足元が普通のスニーカーなどの靴では折角のエスニックファッションが台無しになってしまいます。楽天市場やY[…]


モン族商品バナー
その他のモン族商品はこちら>>>
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!