エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

タイ旅行はいつから行ける?オミクロン株による影響

フライトボード

2021年11月に入りタイは隔離免除で観光客の受け入れを始めました。

対象になるのは日本を含む46の国です。


ワクチン接種済みが条件となるのは言うまでもありません。

タイ入国に関する詳細につきましては

在タイ日本大使館のHPよりご確認下さい。


長い間厳しいロックダウンを強いられて来たタイ。

これでやっとタイ旅行に行けるのか!?

タイ好きの皆さんは気もそぞろでは無いでしょうか?

結論を書きますとまだ時期が早すぎます。


本記事はタイへの海外旅行を考えている方向けに書きました。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

タイ国内の現在の状況

カオサンロードのトゥクトゥク

隔離免除になり入国しやすくなったタイ。

しかし国内の感染状況はあまり良くありません。

コロナ感染者の数は1日8,000人前後で下げ止まったままです。

いつ感染が再度爆発するか爆弾を抱えているような状態です。

慌てて飛行機のチケット取り休日を調整して予定を立てても感染人数が再び増えればまた強いロックダウンの可能性がゼロではありません。

バンコク市内の飲食店でアルコールは飲めるのか?

バンコクのバー

2021年11月1日よりバンコク市内は店内飲食が可能になりました。

アルコール類も夜9時までは問題なく飲めます。

しかしそれ以降の酒の提供はNGなので夜遅くまで大っぴらに飲み歩くと言った事は出来ません。

コンビニなどで酒を買いホテルの部屋で飲む分には問題ありません。

Sponsored Link

バンコク市内の市場の様子

チャトチャックマーケットの枚物パエリアおじさん

タイ旅行の楽しみの1つにショッピングがあります。

現在ショッピングモールや市場など開店はしておりますが観光地としても人気のチャトチャック・ウィークエンド・マーケットは大通り沿いの店を除きそのほとんどがシャッターを下ろしたままです。

また「屋台の宝石箱」と称されるラチャダーのナイトマーケットは開いていません。

終了したとも一時休業とも噂されますが現時点では開いていません。

ショッピングと言うアクティビティについてはほぼ楽しめないと言っても良いでしょう。

併せて読みたい

2021年10月に入りバンコクの厳しいロックダウンが緩和されました。エスニック雑貨屋の仕事場である市場が一斉に開いたとの情報を得て早速アジア最大の市場チャトチャック・ウィークエンド・マーケットに様子を見に行って来ました。日本中は愚か[…]

カオサンロードの現在の様子

カオサンロードとトゥクトゥク

「バックパッカーの聖地」とも呼ばれるカオサンロード。

隔離免除の報を受けて多少外国人観光客が戻っているかと思い行ってみました。

しかし観光客は愚か地元のタイ人でさえ人影はまばら。

ほとんどのお店がシャッターを下ろしています。

以前のカオサンロードを知っている方はもちろんカオサンロードって楽しいところなんだろうなと期待している初めての方も現在のカオサンロードに立つとガッカリしてしまうことでしょう。

そのカオサンロードの現在の状況はどうなのか?

11月に入りどう変わったのか?

記事を書いておりますのでご参照下さい。

合わせて読みたい

2021年11月に入りタイは隔離なしでの観光客の受け入れを開始しました。もちろんコロナワクチンの摂取が条件ですがタイを訪れるハードルは一気に下がりました。既にタイ旅行を計画中の方もいるかと思い世界中からバックパッカーが集まるカオサン通りの[…]

カオサン通りの夜
Sponsored Link

タイ国内の観光地はどなっているのか

タイのピンクのガネーシャ

観光客の隔離免除に合わせるようにタイ国内の有名な観光地は訪れることが可能です。

例えば1日2万人以上が訪れていた「エメラルド寺院」の愛称で知られる「ワット・プラ・ケオ」も7ヶ月ぶりに門を開き通常通り拝観可能です。

まだまだ入国する観光客が少ないことからどの観光地も普段では考えられない程静かなのでそう言う意味ではゆっくりと楽しめると言えます。

タイ旅行は時期尚早

カオサンロードのトゥクトゥク

タイの楽しみ方は沢山ありますが現在の状況を踏まえると時期尚早という言葉がぴったり。

タイ好きの皆さんの焦る気持ちも分かりますが休日の調整やチケットの手配など苦労して調整してタイに入国したところで現在のタイはまだその魅力の半分も取り戻せていません。


先ず第一にコロナの感染者数が下げ止まっていることが問題です。

また感染者数が増えて来るような事があれば夜間外出禁止令や飲食店での飲食禁止などタイ政府はある日突然強制的とも言える政策を打ってきます。


以上のことから「様子見」と言うのが賢い選択でしょう。

タイ旅行に来て楽しめるのはもう少し先になりそうです。

オミクロン株による影響

2022年。新しい年を迎えましたがここに来て新型のコロナウィルス「オミクロン」が世間を騒がせています。

隔離なしの入国開始からポツポツと欧米の旅行者を見かけるようになったタイ。

しかし政府はまた入国時の隔離措置を開始しました。

タイ国内でのコロナ感染者も再び増加傾向にあります。

これにより以前と同様に入国が難しくなりました。

また国内事情も刻々と変化することが予想されますのでタイへ気軽に旅行できるのはまだまだ先になってしまいました。

タイ旅行を計画していた皆さんは今一度情報収集をして判断する必要があります。

関連記事

バックパッカーに挑戦したい!そんな初心者の方に向けてタイのカオサンロードを目指すべき理由を書いてみました。タイはとても旅がしやすい国です。このブログがこれからバックパッカーを始めようと思っている初心者の方に勇気を与えるきっかけにな[…]

カオサンロードとトゥクトゥク
Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!

タイの最新記事8件