アジアを自由に飛び回るエスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!

タイ旅行の持ち物!最低これだけは持って行こう!!

ボクはエスニック雑貨屋を仕事にしているのでタイには26年間通い続けています。

今回はその経験からタイ旅行に向かう皆さんに必須の持ち物をご紹介します。

海外旅行ではちょっとした忘れ物で想像以上に苦労します。

タイ旅行の荷物を最小限に抑えたい方は是非参考にして下さい。

楽しいタイ旅行にするために皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

タイ旅行は現地調達が基本

チャトチャックマーケット

一番最初に大事な結論を書きます。

タイ旅行の持ち物のほとんどは現地で購入出来ます。

コンビニやショッピングモールが普通にあるので手に入らない物は無いと言っても過言ではありません。

必要に応じて現地調達するのがボクが26年間アジアを旅して行き着いた答え。

このポイントを押さえて読み進めて下さい。

タイ旅行に絶対に必要な物

冒頭でも書きましたが基本は必要な時に現地調達で全く問題ありません。

しかし絶対に必要なものがいくつかあります。

タイ入国にはパスポートの残存期間が6ヶ月以上なければならないのですが知らない方も多いです。


日本を出国しタイ入国までに絶対に必要なものについて書きました。

Sponsored Link

1.パスポート

これはもう必需品ですね。

うっかり家に忘れて空港に向かったりしたら取り返しが付きません。

出発前まで入念にチェックして下さい。

気を付けて欲しいのはタイ入国にはパスポートの残存期間が6ヶ月以上であることが必要とされています。

6ヶ月を下回ったパスポートでも飛行機には乗れますがチェックイン時に「入国を断られても航空会社には迷惑をかけません」的な書類にサインさせられます。

パスポートの残存期間が6ヶ月以下の方は再度新しいパスポートを取得することをおすすめします。

そしてパスポートも顔写真のあるページのコピーを取り万が一に備えましょう。

パスポートは海外で唯一あなたがどこの国の誰なのか証明出来る大切なものです。

盗難や紛失に備えパスポートのコピーを取り別に保管しておいて下さい。

タイは比較的安全な国ですがスリや置き引きと言った軽犯罪は多いです。

2.航空券

空港のフライトボード

昔と違い現在はeチケットでの購入がメインになりました。

スマホに保存するだけではなく念のため紙に2枚ほど印刷して持っていくと更に良いです。

現地でスマホの故障や盗難にあい帰りのチケットが見られないなどという事が起こりうるのが海外です。

そうなるとお手上げで再購入の痛い出費に繋がります。

ソウル・シンガポール・バリ
アジア旅行なら<エアトリ>

3.現金

スワンナプーム空港

タイ旅行の期間にもよりますが多額の現金を持ち歩くのは避けましょう。

タイの治安は良い方ですがスリや置き引きと言った被害は後を経ちません。

ボクも過去に5,000ドルが入ったバッグを置き引きにやられています。

持ち歩くのは少額の現金。

そしてクレジットカードで必要な金額を都度引き落とすのが安全です。

また両替に関してはタイの空港に到着してから1万円程度を両替し後は街中の両替所で両替しましょう。

空港の両替所は極端にレートが悪いことを忘れずに。

タイの空港の両替所は24時間開いているので何時に到着しても大丈夫です。

4.クレジットカード

カオサンロード2021

これも必須です。

VISAとマスターなど違うブランドのカードを2枚持っていくことをおすすめします。

ボクが愛用しているのは楽天プレミアムカードとアシアナ航空のUCカードです。

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスと言う世界中の空港ラウンジが使える魔法のカード。

年会費は11,000円と有料ですが空港でのアルコールや食事が無料になるのであっという間に元が取れます。

◆楽天プレミアムカードはこちら>>>

5.海外旅行傷害保険

カオサンロードとトゥクトゥク

海外の医療費は非常に高額です。

タイ旅行の期間をカバーする海外旅行傷害保険に必ず加入しましょう。

海外旅行傷害保険を使うと言う時はあなたの身になにか良くない事が起こった時です。

「クレジットカードに付帯してるからいいだろう」という考え方はやめて24時間日本語で対応してくれる海外旅行障害保険に入ることを強くおすすめします。

1週間のタイ旅行の海外旅行傷害保険を楽天トラベルアシストで調べてみるとスタンダードプランで3,820円。

この金額で安心が手に入るなら安いものです。

6.スマートフォン

現代のタイ旅行においてスマホは必需品になりました。


地図アプリで場所を確認したり写真を撮ったり。

言葉が苦手な方は和訳アプリが大活躍します。

SIMフリーのスマホであればタイの空港で現地のSIMが手に入るのでタイ旅行期間に合わせてプランを選び購入しましょう。

設定も手慣れた様子で店員がやってくれるのでその場で繋がります。

タイ旅行に持って行くと便利な物

タイは現地で何でも揃うので以下の物はタイ旅行に持って行った方が良い物になります。

荷物を出来るだけ少なくしたい方は必要に応じて現地調達で構いません。

しかしモバイルバッテリーだけは日本から持ち込むことをおすすめします。

タイでは普通に粗悪なコピー品と言うか粗悪なモバイルバッテリーが出回っています。

スマホはもはやタイ旅行には無くてはならない物です。

しっかりとしたメーカーの物を日本で購入して持って行くのがおすすめです。

7.モバイルwi-fi

飛行機の機内からの長め

SIMフリーではないスマホの方は必須です。

タイはホテルやレストランなど比較的ネット環境が整っています。

しかし移動中やフリーwi-fiがない店もあるのでネットに繋がらないと何かと不便を感じます。

事前に申し込むか主要空港であれば空港でレンタル出来るのでモバイルルーターは絶対に忘れずに。

ネットが使えないとタイ旅行の快適さが極端に下がります。

8.モバイルバッテリー

カオサンロードのトゥクトゥク

モバイルバッテリーもタイ旅行の必需品です。

スマホの使用頻度にもよりますがタイ旅行時には様々な場面でスマホを使うことが多いです。

機内持ち込み可能な範囲で余裕を持って容量の大きなものを持っていきましょう。

9.靴やサンダル

トリブバン国際空港

アクティブに動き回る方は履き慣れたスニーカーで。

そして現地でちょい履き用の安いサンダルを購入すればOK。

タイは日本と違い道路の状態があまり良くありません。

突然のスコールにあうこともしばしばで道はあちこちで冠水したりします。

タイ旅行を目一杯楽しむには丈夫で歩きやすいアウトドア用のサンダルをおすすめします。

10.タオル

海外旅行タオルの厚み

タイは1年を通じて蒸し暑い国です。

汗拭き用のタオルは必需品。

もちろん現地調達可能ですがボクが仕入れ旅の時に欠かせないタオルがあります。

軽量コンパクトで速乾性も兼ね備えた優れもののタオル。

ウエストバッグに入れても邪全く魔にならないのです。

上記画像の左のタオルが10年近く愛用しているタオル。

右が普通のフェイスタオルでそのコンパクトさはひと目で分かります。

普通のフェイスタオルはもう使う気にならないほど気に入っていて旅の必需品になっています。

下記の記事でその優れた点を書いていますので併せてどうぞ!

関連記事

海外旅行に持っていく持ち物は出来るだけ少なくしたいもの。あれこれと心配して持ち物が多くなり大きなスーツケースをパンパンに膨らませての移動は苦痛以外の何物でもありません。ボクは長いことアジアを旅していますが絶対に無くてはならないタオルがあり[…]

海外旅行のタオル

11.洋服

ジンジャイマーケットのインド服を扱うお店

タイは通年を通して蒸し暑い気候ですが機内はもちろんショッピングモールや店内などキンキンに冷えていたりします。

タイ航空などの大手キャリアであればブランケットがもらえますが他のタイ系LCCを使う方は機内に羽織れる物を1枚持ち込むことを強くおすすめします。

その他の洋服に関しては全て現地で揃います。

最低限これはないと困ると言った洋服以外は必要ありません。

Tシャツやタイパンツと呼ばれるぞう柄のパンツなどは現地で400円〜500円程度で購入できます。

12.常備薬や日焼け止め

タイの薬は効き目が強く現れることがあります。

このため日頃慣れ親しんだ常備薬は日本から持参しましょう。

衛生面やスパイスが効いた食べ物でお腹を壊すのは日常茶飯事。

即効性のある正露丸クイックはマストで胃薬頭痛薬など使い慣れたものを持って行きましょう。

またタイは1年を通して非常に日差しが強い国です。

虫除けスプレーと日焼け止めもあると便利です。

日焼け止めは汗や水に強いこのようなタイプがおすすめです。

【注意】アイコスなど電子タバコは持ち込み禁止

意外と知られていませんがタイではIQOS(アイコス)などの加熱式タバコや電子タバコの持ち込みを禁止しています。

タイに電子タバコを持ち込んだ場合最高で10年の懲役または50万バーツ(約200万円)が科せられます。

罰則が非常に厳しいので愛煙家の方は十分ご注意下さい。

タイ旅行の持ち物まとめ

チャイナタウンのサンペン市場

タイは日本とさほど変わらない暮らしが出来る便利な国です。

コンビニや屋台がいたるところにあります。

あれこれと心配して荷物が増えると移動が苦痛になるのでタイ旅行の際には最低限の持ち物で全く問題ありません。

これはないと絶対困るものは本文中に書きました。

旅のスタイルは人それぞれなので最低限のタイ旅行の持ち物にプラスして自分なりの装備を整えて下さい。

皆さんのタイ旅行がより楽しい旅になることを願っています。

関連記事

ボクはエスニック雑貨バイヤーと言う仕事柄仕入れでアジアの街を縦横無尽に歩きます。完全な趣味ではありますがその仕入れ旅の間中右手にデジタル一眼レフカメラをぶら下げています。アジアの人々の屈託のない笑顔や薄暗く細い路地裏を撮るのが大好きなので[…]

インドのプシュカルのラクダ
Sponsored Link
チャトチャックマーケット
最新情報をチェックしよう!