エスニック雑貨屋の仕入れ旅!アジアを股にかける店主親方の面白日記!現在バンコクにて帰国難民中(TдT)

タイの朝ごはんのオススメはジョーク(お粥)かカオトム(雑炊)

ワロロット市場の朝は早い

朝が早いチェンマイのワロロット市場

午前6時。ここチェンマイのワロロット市場の朝は早いです。

バンコクの喧騒とは打って変わってのんびりと流れる田舎ならではの時間。

ここは住心地が良さげな街です。

チェンマイのワロロット市場

チェンマイはオシャレなカフェも多いのでそこでブレックファーストと言うのも悪くはないです。

でもボクはどちらかと言うとこんな市場の屋台に座り地元の人々の様子を眺めながら朝ご飯を食べるのが好き。

タイの朝ご飯として特にオススメしたいのはジョーク(お粥)とカオトム(雑炊)

どちらも胃に優しい食べ物で朝ご飯にはもってこいです。

タイの雑炊ジョーク

タイの雑炊ジョーク

こちらがジョーク。タイの雑炊ですね。

豚の肉団子が入っているので見た目よりも食べた感あり。

お好みで調味料を加えていただきます。

Sponsored Link

タイのお粥カオトム

タイのお粥カオトム

こちらもお好みの調味料を。

ボクはジョークもカオトムも胡椒とナンプラーを入れるのがデフォ。

バンコクのお粥屋

こちらはバンコクのアパートの近所のお粥屋。良く通っています。

お粥屋のメニュー

メニューはこれだけ。

何も入っていないプーレーンのお粥か肉団子入のお粥か。

それにトッピングは塩漬けの卵か半熟の卵か。簡単に言うとそんな感じです。

めっちゃシンプル(笑)

ボクはいつも肉団子入りのお粥に半熟卵を落としてもらい45バーツ(160円)です。

タイのカオトム(お粥)屋の調味料

このお粥屋に置いてある調味料はこちら。

タイの食堂に入ると必ず置いてある「クルアン・プルン」

タイ語で「調味料」と言う意味です。

甘み・辛味・酸味・塩味と言う4つの調味料が基本です。

タイでは出てきた物をそのまま食べることはしません。

必ずこのクルアン・プルンを使い自分好みの味付けにします。

例えばラーメン屋で同じ丼を啜っているように見えたとしてもそれぞれの味は全部違うと言うなんともグルメなことが起こっています(笑)

お粥屋に置いてある調味料

ボクはタイ人がこの「クルアン・プルン」をどう使うのか観察するのが好きだったりします(笑)

良いですか?ここはお粥屋で他の食べ物は一切ありません。

胡椒とナンプラーはボクも使うので分かります。

他に何が置いてあるかと言うと耳かき一杯で口から火を吹きそうな粉末唐辛子。

日本の七味や一味とは別次元の辛さです。


そして砂糖←

 

もう一度書きますがここはお粥屋でそれ以外はメニューに有りません。

置いてあると言うことは使う人がいるからで(笑)

エグいっす。

お粥が赤く染まるほどの唐辛子をブチ込んで砂糖をスプーンで3杯。

それに胡椒とナンプラーに唐辛子を漬け込んだお酢を振りかけるという日本人のボクから見れば狂気の沙汰。

見ているこちらの手が止まります(笑)

Sponsored Link

日本のご家庭でも!カオトムのレシピ

このカオトムですがボクは日本でもよく作って食べています。

用意するのはトッピングの生姜の千切りと万能ネギ。

それにお粥の具になる肉団子用の挽き肉。

挽き肉は塩コショウをして丸めたら沸騰したお湯へ。

火が通ったらそのまま白米を入れ好みの硬さになるまで煮込みます。

日本のお粥と同じですな。

お粥をお椀によそったら千切りの生姜とネギを。

それに胡椒とナンプラーを加えるだけであら不思議!タイのお粥!ジョークに大変身!!

お好みで半熟卵やパクチーを乗せてもいいと思いますが面倒なのでボクはいつもこんなタイ風のお粥を日本で食べています。

肉団子が入っているので満足感高し!しかも胃腸に優しい。

二日酔いの朝ごはんなどにもってこいなのでぜひお試し下さいな。

関連記事

トン汁って言う?ブタ汁って言う?それとも悪魔のスープって言う?バンコクで豚汁を作ったら悪魔のスープが出来ちゃった話です。具材入れて出汁の素とお味噌を入れてと。はい。そのように作りましたがとんでもないものが出来ました。ボクのこの手でとんでも[…]

Sponsored Link
最新情報をチェックしよう!