エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

インド人の倒し方!仕事で付き合いたくないナンバーワン!!

「インド」と聞いただけで胃の奥の方がキュウっとするほどインドが嫌いです。

エスニック雑貨屋なんて商売をやっていて何なのですがボクはインドが嫌いなんです。

正確に言うと「インド人と仕事をするのが大嫌い」です。

毎年揉めてます。

うんざりする程揉めるのを承知の上で挑むのですが20年間ずっと負けています。

どうですか皆さん?

このインド人の手強さよ(泣)

今回はそんな戦いを毎年挑むエスニック雑貨屋がインド人の倒し方に付いて考えてみました。

インド人はなぜ手強いか

インドの陽気なサドゥー達

ボクはインドとの付き合いが20年程になりますがインド人はへこたれません。

絶対に謝らないし納期なんてただの気休め。

遅れたところで「ノープロブレム・マイフレンド」とこう返って来ます。

もうこの時点で正気の沙汰ではありません。

そしてなんと言っても「悠久の時」が流れています。

24時間何百年も火を絶やさず火葬を続けコレラ菌さえも生きていけないガンジス川も流れています。

炎に包まれる遺体の前でピースサインをして自撮りをしたりしています。

あまりの事に思わず遺族に聞いたことがあります。

「あなたは悲しくないのか?」と。

ニコニコのインド人は答えてくれました。

「肉体から魂が開放されたんだ。こんなに素晴らしい日は無いじゃないか!」

そう言って燃える遺体をバックに角度を変えて自撮りを続けます。

いいですか?同じ地球に住む人間ですよ?

インド人を相手にする場合「根本からアタマの中の構造が違う」と言うことを肝に銘じて対峙しなければなりません。

最初の難関インド英語

デリーの定宿近くの雑貨屋

始めてインド英語を耳にする方はまず英語に聞こえません。

ぇ?何語?とアタマの中が真っ白になってしまうほど面白いように聞き取れません。

原因はインド人特有の早口の巻き舌です。

そして「R」を全て発音するのです。

「Drinking Beer In Bar」バーでビールを飲むと言う簡単な英語です。

「ドリンキング・ビアール・イン・バール」

インド人が話すとこう言う英語になるんですね。

慣れるまでは戦うどころか英語に聞こえないインド英語にじっと耳を傾けながらあなたの意識は遠い宇宙を彷徨うことになります。

Sponsored Link

時間や納期を守らないインド人

リキシャで眠るリキシャマン

日本人は真面目で勤勉な民族なので時間や納期を守ろうと努力します。

ましてや仕事上で交わした約束事は絶対と言っていいほど守ります。

「約束を守らないと相手に失礼」と言う感情が普通にありますよね?

インド人にはそう言った考え方は一切ありません。

彼らは悠久の時の中で生まれその中で生きている民族です。

時間がどうとか納期がどうとかそんなことは大したことではないのです。

そして厄介な事に時間や納期を守らない上「出来ないことも出来る」と言い張ります。

それで何度酷い目にあったことか。

一体なんなんだインド人って( ꒪⌓꒪)

論戦に持ち込まれたら負け

哲学者みたいな顔のインド人

先に上げたように早口で巻き舌のインド英語でまくし立てられたら手も足も出ません。

彼らはアレがダメならコレと言った様に2枚舌どころか3枚も4枚も饒舌な舌を持ち手綱を緩めること無く容赦なく襲いかかって来ます。

論戦でボロボロにされた上にいつの間にか納期を割ったインド人の言いなりになりホテルの部屋の天井でカタカタと音を立てて回る扇風機を眺めながら泣いてしまうのが関の山です。

インド人は「言ったもん勝ち」的な一面があり一瞬でも怯んでスキを見せればあっという間に攻め込まれます。

彼らは押しが強く諦めると言ったこともありません。

例え自分が不利な状態に陥ったとしても持ち前の押しの強さとしつこさで必ず場面をひっくり返して来ます。

と言うかこっちはもうヘトヘトでそう成らざるを得ないのです。

インド人との議論は極力避けましょう。

それがあなたが人間としてのアイデンティティを保つための最良の策です(笑)

Sponsored Link

インド人との仕事の仕方

ジョードプルのインド人デザイナー

精神衛生上仕事ではインド人と関わらないのが得策です。

もし関わる場合は日本的な考え方は一切通用しないと言うことをしっかりアタマに叩き込んで下さい。

時間や納期は出来るだけ余裕を持って伝えましょう。

いいですか?

2021年10月にオーダーした洋服が2022年3月現在になってもまだ全て届いてないんですよ?

ちょっと悔しいので聞いてもらっていいですか?



頼んだのは冬物です←




これは極端な例かも知れませんが「そう言う事が起こるのがインド」と言うことを理解しなければなりません。

両手を固く握りしめキツく目を閉じ口を真一文字に結んで自分に言い聞かせるのです。

一番良いのはそうなる前に現地に張り付き始終顔を出しては進捗を確認すると言うことですがここでも落とし穴があります。

「全て上手く言っているよ。パーフェクトさ」
などと言うインド人の戯言を真に受けて現場を確認せず案の定納期割れをし歯ぎしりをしながら眠れぬ夜を過ごした日本人は数しれず。

例えどんなに面倒でも「必ず自分の目で確認すること」がポイントになって来ます。

ここ本当に大事なので絶対に覚えておいて下さいね。

インド人の倒し方

昼寝をするブロックプリント職人

ボクはまだ冬物の衣料品問題の渦中にあり今でも毎日のようにWhatsAppでチャットなり電話なりで連絡をと取っています。

なんにせよ相手はインド人です。

共にインド人と戦おうとしている方。

もしくはボクのように戦いの渦中にいる方に一番大事な事を伝えさせていただきます。


絶対に諦めない。

 

マジです。本気です。ウソじゃないっす。忘れないで下さい(笑)

諦めない上で次々とパンチを繰り出して行かなければインド人を倒すことは不可能です。

例え膠着状態に陥ったとしても。

前の晩にFの付く汚い言葉で罵りあったとしても。

夜が明けお天道様が登ったら息をするように「Hello」とメッセージを送り戦いのゴングを自ら鳴らします。

これが出来て始めてインド人と同じリングに立てるのです。

「このインド人を倒すまでオレは絶対にリングを降りない!」

そうインド人の前で神に誓い相手にも高らかに宣言しましょう。

インドには1億もの神様がいるからきっと誰か一人ぐらい味方に・・・なんて甘い考えではいけません。

インドの神様はインド人の味方です。

なぁに。心配は要りません。

こっちだって八百万の神様を背負ってリングに立っているのです。

国の威信を掛けた総力戦ぐらいの気持ちでOKです。

ボクは常に日の丸をココロに掲げインド人と戦っています←

インド人に「めんどくさいヤツ」と思われるぐらいで丁度いいのです。

粘り強く決して諦めずパンチを繰り出す以外インド人に勝てる方法はないのですから。


今日も力一杯ファイ!!!!


どこか憎めないインド人

インドの路地裏で遊ぶ子供達

一緒に仕事をするにはその商習慣や性格の違いから出来れば避けたいインド人。

しかし人を惹きつけて止まないインドと言う国を形作っているのはインド人なのです。

仕事を抜きにすれば常に好奇心旺盛でフレンドリー。

そしてお茶目な一面も持ち合わせている愛すべき国民性です。

ボクはインド人と仕事をするのは大嫌いです。

しかしインドそのものはエキサイティングでとても面白い国だと感じています。

仕入れの合間に趣味で写真を撮っているのですがインド人ほど生き生きとした表情や仕草を見せてくれる国をボクは他に知りません。

全く見知らぬ人でも気軽に声を掛けてくれる。

困っていればお節介なほど手を差し伸べてくれる。

懐っこくてあっという間に友だちになれる。

不可能だと思う場面でも「大丈夫だよ」と笑顔で応じて後で大問題を起こしてくれる(笑)

ボクはインドがずっと苦手な国でしたがここに来てインド人と対等にリングで殴り合いが出来るようになり大分考え方が変わって来ました。

これは危険な徴候です←

なんだかんだ言ってもボクはインドが大好きなのかも知れません。

おすすめ記事

エスニック雑貨屋の仕入先として最も難易度が高いのがインド。タイを始めとする東南アジアの仕入れに比べると100万倍もしんどいのがインド。もう二度とゴメンだ!と思いながらもやっぱり面白いのがインド。ま。そう言う国なのですが今回も見事にトラブル[…]

インドの陽気なサドゥー達
Sponsored Link
哲学者みたいな顔のインド人
最新情報をチェックしよう!