エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

【2022年2月追記】タイ90日レポート(TM47)オンライン申請方法

タイの90日レポート(TM47)はオンラインで簡単に申請出来ます。

本記事はタイ長期滞在者の義務である90日レポートのオンラインでの申請方法を解説します。

暮らしていると90日などあっという間だし結構忘れがちなのが面倒な90日レポート。

それでもタイ王国の決まりなのでボクら外国人は粛々と従わないと2,000バーツの罰金が科せられてしまうし何より滞在中の履歴が汚れるのは将来的に良くないと考えます。

「90日レポートなんて申請しなくても罰金なんか取られたことがないよ」

そんな声を聞いたこともあります。

しかしタイ王国に住んでいる以上タイが決めた決まりを守っていて悪いことは何ひとつありません。

何かと緩いタイですがボクらは外国人だという事を忘れずにきちんと申請しましょう。

90日レポーをオンラインで申請する際の注意事項

1.2回目以降の90日レポートでオンライン申請可能

1度目はイミグレーションの窓口か郵送での申請が必要でこのデータを元に2度目以降のオンライン申請が可能な模様です。

Sponsored Link

2.申告期限

前回の90日レポート満了時から7日〜15日前の期間がオンライン申請可能期間となるので十分注意が必要ですこれに該当しない場合は直接イミグレーションの窓口で申請して下さい。

登録用のE-mailアドレスが必要

申請者一人に付き1個のe-mailアドレスが必要となります。

Sponsored Link

タイの90日レポート(TM47)のオンライン申請は簡単です

タイの90日レポートオンラインン

それではタイの90日レポートのオンライン申請方法を順を追って説明します。

先にも上げましたが注意しなければならないのはオンラインで申請出来るのは期限より1週間前までです。

これを過ぎてしまうとイミグレーションの窓口でしか申請出来なくなりますので十分注意して下さい。

先ずは90日レポートを申請するwebサイトにアクセスして下さい。

90日レポート申請はこちら>>>

アクセスすると上記画面が出てきます。

そのまま画面を最下段までスクロールします。

タイの90日レポートオンライン

①のチェックボックスにチェックを入れ②のAcceptボタンを押し次のステップへ進みます。

タイの90日レポートオンライン

③部分。90 days (TM.47)と書かれた青色部分をクリックして次へ進みます。

続いて申請書への記入です。パスポートを手元に準備して記入を進めて下さい。

90日レポート申請書記入要項

①パスポート番号
②名前につける称号 
③名字
④名前
⑤性別
⑥生年月日
⑦国籍
⑧入国時に書いたアライバルカードの番号
⑨タイ到着日
⑩入国時の交通機関
⑪フライトナンバー

全部で11ヶ所あり最後に表示されているパスワードを入力してSubmitボタンを押し次へ進んで下さい。

上手く受付されるとTransabtion reference number(TRN)と言うTM47から始まる番号が発行されます。

90日レポートの受付登録がされているか確認

番号が発行されたら念の為受付登録がされているか確認してみましょう。

もう一度最初の画面に戻ります。

タイの90日レポートオンライン

「ステータスをチェックする」をクリック。

タイの90日レポートオンライン

先程発行されたTMから始まる番号をコピー&ペーストで貼り付け虫眼鏡ボタンを押して「Approved/承認済み」の表示があれば完了です。

また「Approved/承認済み」の右側の虫眼鏡のアイコンを押すと下の画面に変に変わります。

タイの90日レポートオンライン

最下段の2つの事項を確認しましょう。

・Application(Print)

・The next appointment(Print)

特にThe next appointment(Print)」の方は次回の更新日などが記載された重要な書類となりますので必要に応じてプリントアウトなどして保管して下さい。

こちらの書類は直接イミグレーションで90日レポートを提出した際に貰える書類と同じ形式になっています。

プリントアウトの上パスポートに挟んでおくと良いでしょう。

タイの90日レポートは意外と面倒

ボクは2021年の11月28日にバンコクからチェンマイに移動しました。

90日レポートが切れる1週間ほど前のタイミングです。

オンライン申請が出来るギリギリのタイミングで気付いたので今回90日レポートを無事オンラインで済ませることが出来ました。

チェンマイのイミグレーションに出向き90日レポートを申請したこともありますがドライブスルーになっていてタイ語の出来ないボクはその車列に立って並ぶと言う罰ゲームのような状態でした(笑)

その時の様子はこちらの記事でどうぞ。

関連記事

タイ在住外国人がやらなければならない90日レポート(TM47)ボクは外国人なので3ヶ月ごとにタイのイミグレーションに出向き居住申請TM47(90日レポート)を提出しなければなりません。これが意外と面倒。何のためにあるのか未[…]

バンコクだと交通の便の悪いムアントンタニまで出向くだけで面倒だし混んでいたりすると半日が潰れてしまいます。

今回90日レポートを初めてオンラインでやってみましたが実際にイミグレーションに足を運ぶよりずっと早くて簡単でした。

またタイはコロナの感染状況も良くないのでイミグレーションのような不特定多数の人が大勢集まる場所は出来れば避けたいところ。

90日レポートのオンライン申請は思いの外簡単だったので是非自分で出来るように挑戦してみて下さい。

【2022年2月追記】90日レポート・オンライン申請2回目

間もなく90日レポートの期限が来ることからオンライン申請2回目にチャレンジしてみました。

初回と同じ様に2回目も同じページから申請できます。

90日レポート2回目の申請もこちら>>>

初回の申請時と同様です。

最下段までスクロールしたら①のボックスにチェックを入れ②のAcceptボタンを押して次のステップに進んで下さい。

タイの90日レポートオンライン

次のページも初回と同じ画面が出ます。

③の90日レポーの申請をクリックして次のステップへ進んで下さい。

タイの90日レポートオンライン

2回目以降はここでログイン画面が表示されます。

初回申請時のメールアドレスとパスワードを入力してログインして下さい。

タイ90日レポートログイン画面

ログインをすると初回申請時の上記に記載した画像とは違う画面が表示されました。

④のNEW APPLICATION(TM 47)をクリックして次のステップへ。

タイ90日レポートオンライン申請画面

記入箇所が多く少々手間ですが根気よく進めて行きましょう。

手元に用意するのは「パスポート」と「自分が住んでいるコンドミニアムの名刺」です。

①パスポート番号
②国籍
③名字
④名前
⑤性別
⑥生年月日
⑦タイ入国日
⑧ビザの期限
⑨〜⑭住所 ※虫眼鏡の表示がある部分はプルダウンでも選択できます。
⑮電話番号
⑯Use Login Infomationにチェック
⑰上記の利用規約に同意にチェック

上記全ての記入が終わると下段の「Submitボタン」が反転するのでクリックして次のステップへ。

そうするとデータを送信するかどうかの確認画面がでますので「Confirmボタン」を押して終了です。

タイ90日レポートオンライン申請画面

最後に申請が出来ているか確認しましょう

タイ90日レポートオンライン申請画面

今一度この画面に戻り今度はグリーンの右側の「CHECK THE STATUSボタン」を押します。

左のPDFファイルのアイコンをクリックして書類を確認しましょう。

同時に登録したメールアドレスにもタイのイミグレーションからメールが来ますので併せてご確認下さい。

別の確認方法

タイの90日レポートオンライン

一回目と同じ様にこちらの画面からも確認できます。

これ以下は同様になりますので本記事序盤に戻り同様の手順でご確認下さい。

申請が拒絶される場合

90日レポート結果確認画面

実は今回の申請で1回目の90日レポートが「Rejected」拒絶されました。

画像赤丸部分です。

拒絶の理由は前回の申告と住所が違ったためです。

この場合TM30と呼ばれる居住報告を先に済ませなければなりません。

拒絶されてから2日後の申請で「Approved」承認済みとなり青丸部分を押すと許可済みのPDF書類が表示されました。

引っ越しなどで住所変更があった方はご注意下さい。

以上となります。お疲れ様でした。

関連記事

はろんえびばで!ご機嫌いかが?ワントゥースリー。ぇーワタクシワイマー古都チェンマイに来ております。バンコクから北へ700キロ。飛行機で1時間と15分。長距離バスや寝台列車だと大体8時間から10時間。バンコクに比べると気候も穏やかで[…]


関連記事

そもそも海外で髪を切る場面とはそりゃもう無計画な海外長期放浪でしょう。必ず髪を切る問題にぶち当たります。ボクの場合ですが(笑)駐在さんとかは定点観測型の生活の方は同僚や知り合いから「あそこの床屋もしくは美容室がいいよ」と情報を共有[…]

最新情報をチェックしよう!