エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置はチェンマイでモン族グッズ物色中!!

タイダイファッションの着こなし方

大人気のエスニックファッション

チャトチャックマーケットのタイダイ屋

独特のマーブル模様に不規則な斑模様とグラデーションを描くタイダイ柄。

単色でも美しいですしカラフルに染められたタイダイ柄はどことなくエキゾチックな印象を受けてエスニックファッション好きだけではなくカジュアルなファッションに取り入れる方も増えて来ました。

今回はタイダイに関しての歴史や技術を紹介。

柄を見れば「あー、これがタイダイっていうのか」と思いつく人は多いですがなかなか説明できる人はいないのではないでしょうか。

エスニックファッションに興味がある方は是非タイダイにまつわる知識を深めていってください。

タイダイの歴史と日本におけるタイダイ

タイダイマルチカバー

タイダイを染める技法は普遍的な手法のひとつで特定の国や地域が発祥と言う訳ではなく600年ほど前からアフリカ大陸を始めアジアやアメリカなど世界中で使われてきた染の技法です

その言葉が持つ本来の意味は「タイ=tie=絞る /ダイ=dye=染める」です。

日本では絞り染めと呼ばれ衣類はもちろんハンドタオルや手ぬぐいにも使われて来ました。

遡れば8世紀奈良時代には既に多くの種類の絞り染め(タイダイ染め)が日本に存在していたと言われているから驚きです。

そのタイダイが世界的に注目されたのは1960年代アメリカで「脱都会」を背に登場したヒッピームーブメントがその始まり。

60年代後半には日本でも一大ブームが巻き起こりタイダイ柄の半袖にデニムパンツといったファッションが都市部で流行りました。

Sponsored Link

タイダイを身につけると言うこと

タイダイTシャツ

タイダイがトレンドとして取り上げられたきっかけは先にも書いたように1960年代のラブ&ピースを掲げたヒッピームーブメントが始まりです。

彼らは愛と平和を訴えるだけではなく「現代社会のシステム」そのものに「NO」を突きつけました。

例えばマスメディアによって宣伝される流行や大量生産の画一した既製品の洋服そのものを否定し個性的なファッションであるタイダイを好んで身につけたのです。

この様なバックボーンを持つヒッピーカルチャーが大きく取り上げられそのユニフォームとも言うべきタイダイは世界中のファッションのトレンドに乗りました。

「反体制」「反現代社会」「半戦争」「半既得権益」「自由」そして現代であれば「反核」

タイダイを身につけると言うことはそう言った自身の思想も反映することになります。

すべてが1点もののオリジナル。世界に2つとないタイダイ柄

チャムチャーマーケットのワークショップで使われるカラフルなパレット

タイダイは絞り染めと呼ばれる技術で柄があしらわれます。

名称の通り衣類を絞り白く残したい部位をゴムや紐で縛ります。

複数の山(凹凸)ができるので、あとは生地に染料を流し込んで完成です。

タイダイ柄は縛る箇所と強弱。生地の素材や色使いとすべてに影響されるため職人でもある程度しか柄をコントロールすることは出来ません。

そのため「すべてが1点もの」であることがタイダイファッションの大きな魅力と言えます。

Sponsored Link

エスニックファッション好きが持ちたいタイダイ柄の衣類

エスニックファッション好きならばタイダイ柄のワンピースやトップスは1つは持っておきたいところです。

男性ならば半袖Tシャツ。女性ならばワンピースやカーディガンが人気です。

シルバーアクセや天然石。籠バッグなどのエスニックアクセサリー&服飾品にもマッチします。

あまり目立ちたくない方はカラーが少なめのタイダイ柄かモノトーンの落ち着いたタイダイを選ぶのがいいでしょう。

世界に一つだけのタイダイファッションを手に入れるなら、ガネーシャへ

エスニックファッションを販売するアパレル店や通販ショップの多くは今回紹介したタイダイファッションを取り扱っています。

しかし上述したようにタイダイ柄は全てが1点もの。

ガネーシャでは日本でも普段着として着用できるようトレンドに沿ったタイダイ柄を揃えています。

タイダイの洋服や服飾品は「一期一会」の出会いがあります。

これだ!と思ったタイダイ柄は直ぐに購入するのがオススメです。

タイダイファッションバナー
ガネーシャのタイダイファッションはこちら>>>
関連記事

エスニックファッションのスカートは、往々にしてロングスカートが主流となります。大人びた印象を与えてくれるロングスカートにタイダイの絞り染めは親和性が高く着る女性の印象をガラリと変えてくれることもあります。そこで今回は「タイダイのロ[…]

関連記事

ガネーシャと言えば幸運をもたらすヒンドゥー教の神様として本場インドではもちろん日本でもとても人気のある神様です。その名前の由来は「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味します。インドでは物事を始める際には一番最初に手を合わせる神様と[…]

Sponsored Link
タイダイTシャツ
最新情報をチェックしよう!