エスニック雑貨屋の面白仕入れ旅日記!現在位置は日本でインド渡航準備中!!

タイ・チェンマイでの正しい朝食

チェンマイのローカル食堂での朝ご飯

駐車場の片隅の軒下を借りて実にタイらしい佇まい。シビレます。

こう言う地元の人に愛されている食堂が不味い訳がない。辛いですけど(泣)

この手の食堂の女将さんはほとんど英語を介さないので口から火を吹く前に注文する際は一言こう付け加えましょう。

「マイサイ プリック ナ」(唐辛子を入れないでね)
「マイ ペット ナ」(辛くしないでね)
「ペット ニットノイ ナ」(少しだけ辛くしてね)

下に行く程辛さは増します。

「オレは口から火を吹きマッハ3で空を飛んでやるぜ!」って方は不要なのでメニューを指差したら黙って料理が運ばれて来るのを待ちましょう。

かふぇぇでの朝食は高すぎて身の丈に合わないので通うのは主にこの店っす。ボクが今住んでいる「Huay Kaew Residence」からHuay Kaew通りに出て左。20メートルも歩けばあります。

Facebookもなけりゃインスタグラムをやってるとも思えないしボクはタイ語が読めないので店の名前も分かりません(笑)

タイのローカル食堂の飲料水

さて。この手の食堂に必ずと言って備え付けてあるのがこんな感じの飲水。

これの敷居が意外と高いです。

ついついお金を出してボトルに入ったミネラルウォーターを注文してしまいがち。

怖いんですね。お腹を壊しそうで。

ハッキリ言って慣れっす。

今では柄杓で水を汲んでコップに注ぎストローをチョンと刺すと言う一連の動作が自然に出来るようになりました。

たまにタイ人に言われます。

「オマエはタイの氷がヘーキなのか?」

やっぱり日本人の皆さんはこの手の水や氷を口にしない方が多いそうですが心配ありません。

最初のうちはお腹を壊したりしますが直ぐに慣れます

人間は意外と丈夫に出来ているのです(笑)

料理が運ばれて来ました。

こう言うのでいいんだよ。そんなココロの声が漏れるぐらいで何の感情も湧きません。実に映えない。

インスタになんか間違ってもアップ出来ないしフェイスブックで共有したところでバカにされるのがオチなので料理の写真を夢中になって撮るのは止めましょう。

先日上げたカフェの朝食はアイスコーヒーを入れて合計250バーツ(約824円)それに比べるとぐぐっとお得な40バーツ(約130円)水は無料。

どちらを選ぶもアナタ次第ですが旅の経験値としては後者の方が格段にアップするし第一「タイに来ている!」と言う実感が湧きます。

つかの間の耐旅行。

ローカル食堂で地元のタイ人達に混じりタイ料理を食べましょう!

Sponsored Link
チェンマイのローカル食堂のタイ料理
最新情報をチェックしよう!